あおぞら日記


あのチョコレートケーキの作り方が判明!

あおぞら食堂のご意見番、お母さん先生である、あやこさんのスペシャルチョコレートケーキは、とっても美味しくって、何かイベントがあるごとに作って頂いて、こどもたちの大好物になっています。

そこで、この週はそのチョコレートケーキの作り方に迫りました。 

分量は綾子さんにもう測ってきてもらっていたので、こどもたちはチョコレートを湯煎で溶かして、材料を混ぜ合わせる程度でした。材料はシンプルですし、すぐできちゃうかな、と思ったのですが、メレンゲを泡立てたり、チョコレートをゆっくり溶かしたり、何かと手の込んだチョコレートケーキで、こどもたちも綾子さんの手ほどきを受けながら、丁寧に作っていきました。

夏休みの宿題は、日記や俳句作りです。練習にそれぞれ一句、歌ってみました。夏休みが楽しみな様子がとっても伝わってくる句がたくさんできました。

怪我なく楽しい夏休みをお過ごしください♪良いお年を。

0 コメント

あおぞらカフェ開店〜♪

今学期最後のイベント!

これまで子どもたちは、毎週様々な料理を通して、日本語を話し、日本語の文化に触れてきました。

自分たちのカフェを開こう!という提案があったのが、前の学期だったので、数か月間あおぞらカフェのプロジェクトに取り組んできました。子どもたちは、自分で計画を練って、試して、反省し、また案を出し合って実行してきました。友達や家族を招いて和気あいあいとしてカフェ作りが理想です。みんなの思うカフェができたかな!?

 

あおぞらカフェ当日は、

オーブンを使うのでキッチンはぬくぬく状態、外では太陽がかんかん照り。とっても暑〜い日でした。が、朝からこどもたちは張り切ってやってきてくれました。

クリスマスツリーを飾ったり、机や椅子のセッティング。いろいろ仕事を見つけてもらって、どんどん働いてもらいました。

今回のあおぞらカフェでは、ベジタリアンメニューも取り入れ、いろいろな方に食べてもらえるように配慮しました。 こどもたちはどんなものを作ったか、紹介します。


キッシュ

野菜やハムをたくさん切ったり、パイシートを適当な大きさに切ったり、たくさんの量の材料を根気よく用意して、四人で協力しあって作りました。

お母さんたちの力も借りながら、とっても美味しいキッシュが出来ました。出来立てぬくぬくをお客様に提供出来てよかったです。


マフィン

たくさんの量を作るので、材料の分量を計るだけで大変でした。弟くんチームはバナナをたくさん切って、ブルーベリーもたくさん洗って、お手伝いバッチリ。お姉さんチームを中心に段取り良く作っていきました。

とっても美味しかったです。


おにぎり

おにぎり担当のRちゃん、黙々とほぼ一人で頑張りました。おにぎりを握ったあとは、トレーに綺麗に並べて、何の具が入っているか分かるように名前の札も作っていました。先生たちは段取りよく頑張っている様子にとっても関心しました。

おにぎりはとっても人気で、すぐ売り切れちゃったようです。頑張ったね!


あおぞらパンチ

レモンがない!というハプニングで始まった、あおぞらパンチ作り。。

でしたが、お母さんたちの素早い対応のおかげで、ゲストの方々が到着までに作ることができました。レモンをたくさん切って、ハチミツを入れて煮て、炭酸水で割りました。

この日は本当に暑かったので、大人気でした。そらまめチームの二人が頼もしかったです。がんばったね!

 

ゲストの皆さんには、ビンゴゲームとクリスマスクイズにも参加していただきました。

ビンゴゲームはいつも盛り上がりますね〜。奈緒子先生がカードを出すとみんな一生懸命にその絵を探しました。全て日本語なので、あおぞら食堂のこどもたちは、来てもらったゲストに英語で単語を教えてあげていました。

苔玉作りも成功しました♪きよこ先生、ケリーさんありがとうございました。ゲストの方に一個作ってもらいました。それを木のえだに飾って、はい可愛いクリスマスツリーの出来上がり〜!

0 コメント

緑がいっぱいの美味しいカフェまで遠足に行ってきました〜!

あおぞら食堂が始まって以来、初めての遠足に行ってきました!

イーストエレベーション

何かの工場だったところを、改築してカフェにしているようで、三角屋根のとっても素敵なところです。

レジ前には、美味しそうなチョコレートがいっぱい!本格的なチョコレートの工場も隣接されていて、とってもおしゃれなカフェでした♪

子どもたちにとっては普段なかなか来ることがないので、みんなキョロキョロしていました。

まずは、店員のサラさんが、イーストエレベーションについての話をしてくださいました。チョコレートはいつ作っているとか、どんなイベントをしているとか、細かなことまでいろいろ教えてくれました。

 


せっかくなので、お店の名物ホットチョコレートをいただきました。ここで少しハプニング。一口飲んで、子どもたちの顔が曇っていきました、あれっと思って聞いてみると甘みがなく大人のホットチョコレートだった様子。お好みで砂糖を入れてね、とサラさんから案内があると、すぐに砂糖を入れて味を調整してさらっと全部飲みきっていました♪(よかったよかった)

 

そのあとは、みんなにお店の中の様子をスケッチしてもらいました。テーブルの上をスケッチしたり、店員さんの様子やショーウィンドウに飾ってあるケーキをスケッチしたり、内装全体を書き留めたり、子供たちそれぞれがいろんな視点でスケッチしていました。

そして、このカフェのガーデナー、ニックさんが菜園を見せてくれるということで、みんなでカフェを後にしました。

家庭菜園

カフェの建物のすぐ裏手にあるベジガーデンを見学させてもらいました。このお庭を作って動物や野菜のお世話をしているニックさん、いろんなものを育てていました。

庭には花がたくさん咲いていたり、いろんな種類の野菜がなっていました。今は、ブロッコリーの終わりの時期で栽培を手伝わせてもらいました。葉っぱも元気でその真ん中になっているおっきなブロッコリーにみんな驚いていました。

そのほかに、うずらを飼っていたりハチミツや椎茸を収穫したり、活気のある菜園で、先生もお母さんたちも元気をもらうことができました。

この時期、私は辛〜い花粉症と戦っていますが、春はやっぱりいいですね。緑に触れると、ホッとします。


お母さんたちも、素敵な菜園作りのヒントをもらえて、嬉しそうでした。ご参加いただいてみなさん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

0 コメント

春のつぶつぶおにぎり作り。

グリンピースとトウモロコシを使った、おにぎりを作りました。湯がいたトウモロコシの粒を切り落とし、塩と醤油で混ぜます。

おにぎり

随分と春らしくなってきたメルボルンですが、この日はとっても寒かったんです。ホカホカのご飯を手にとって、「あ〜あったか〜い」と子どもたちもホッとしていました。


いただきまーす!

みんなおにぎり作りがとっても上手になりました、1年前はなかなか難しそうだったけど、今回は軽々作っていました、感動です。それにしてもいったい何個のおにぎりを作ったのでしょうか。お皿から転げ落ちそう。。。


そらまめクラス(低学年のクラス)では、カタカナの練習をしています。だいたい読めるので、書く機会が作るようにしています。丁寧に書き込んでます。

0 コメント

まきまき生春巻き♪

野菜とハーブの種を植えました。


寒さも和らいできたので、エコハウスの前にある畑の一角に野菜の種とシソやタイバジルなどの苗を植えました。自分で植えた野菜をこれから次の学期に渡って記録していきます。

今週は、生春巻き作りです。パッケージに入っているライスペーパーは、本当に紙みたいですが、ぬるま湯に少しつけるだけで、すぐにやわらかくなっていきます。手で持っていると、次第にくっついて大変なことになります。。

なんとかまな板にピタッと置いて、そこに具材を並べます。シャキッとした野菜にハムや鶏そぼろ、ライスヌードルなどを入れました。お家で作ったことがある子どもさんもいましたが、みんな思い思いの美味しそうな生春巻を作っていました。

0 コメント

つるつる、しこしこ、もっちりうどん♪

材料はシンプル

必要なものは、強力粉、薄力粉、水と塩。なのですが、、コシのある美味しいうどんを作るためには、やっぱり手間暇がかかりました。


手でこね、足でこね。

生地を袋に入れ、1分間足踏みをします。それをなんと・・・10回!繰り返します!1分間足で踏んだら生地を丸めてボールにします。そしてまた足でしっかり踏んであげます。

ペアになって数を数え合いっこしました。走ったり、飛んだり、踊ったり、最後の方は疲れてしまってスピードダウン。それでも子どもたちなりにうどんをこねていきました。そのままボール状にまとめて袋のまま、1時間ほど寝かせます。

 

その間にうどんの具材を用意しました。ネギ、卵、しいたけ、海苔、などなどいろんな材料をおうちから持ってきていただきました。


のばす

麺棒でうどんを広げていきます。
くっ付かない様に、まな板、麺棒、うどんに時々打ち粉をしつつ、巻きつけて転がしたり、裏返したり、工夫していました。広げてまな板からはみ出るくらい伸ばしていきます。これが結構大変な作業なんですよ。

 

切る

生地をまな板からはみ出るくらい伸ばしたら、切ります。麺に打ち粉をし3つ折りにして包丁で切ります。細めに切れたらいいけれど、本当に難しいんです。ふぞろいでも大丈夫。ゆっくり丁寧に切っていきました。


とってもモチモチしていて、こんなにしっかりした食感があるとはびっくりしました。大成功でした。

それから、うどんのつゆも綾子先生指導の元、子どもたちで作りましたよ。だしがとってもきいてて美味しかったです。おかわりしている子もちらほらといて、お母さんたちからも美味しいとお褒めいただきました^^ご協力いただき、ありがとうございました。

 

ゆでる

しっかり沸騰したお鍋で麺を茹でます。ドバッと入れたら危ないよ。そ〜っとね。時々くっ付かない様にゆっくりかき混ぜて、8~10分程したら浮き上がって来ます。一本食べてみて確認。

中まで茹で上がったら、はい。出来上がり〜♪

学期末恒例の・・・お誕生日会♪

アーモンドケーキに旬のいちごとブルーベリーをトッピング。お誕生日おめでとう^^


0 コメント

父の日リベンジ!

久しぶりのあおぞらブログです、更新しないままでご心配お掛けしました。すいません。

 

今年の父の日は、去年のリベンジをするべく、お父さんの顔クッキーを焼きました。去年はオーブンの調子が悪くキレイに焼けず黒焦げもしくは色白のお父さん続出でしたっけ、、、。

今回のクッキー生地も去年同様、色付けをしました。ココアパウダー、抹茶パウダー、それから新しくビートルートを生地に混ぜました。きよこ先生が、手を紫色に染めながら、頑張ってすりおろしてくれました。ご覧の通り、発色良く、焼いた時も優しい色になってくれました。

混ぜ合わせた生地を使って、いよいよ顔作りです。真剣に生地の量を見ながら顔のパーツを作っていきました。

今回は前回からパワーアップして、顔以外にも動物や花やいろんな形を作っていました。今年のお父さんの顔は去年よりうまくできたでしょうか。またお父さんたちに感想を聞いてみたいものです^^

0 コメント

母の日〜ポップコーン作り〜

母の日ということで、お母さんへのプレゼントにポップコーンを作りました。

まずはポップコーンを入れるふくろ作りから。今回はカーネーションの絵に色塗り、という一見簡単そうな作業ですが、ねらいは、グラデーションになるように色をつけること。

子どもたちは、何本か色鉛筆を手に取ると、黙々と取り組んでいました。特に上級生のお姉さんたちは、とっても上手です、繊細な色使いとっても綺麗でしたよ。

そしていよいよ、ポップコーン作りです!

まずは、大きめの鍋にバターを溶かし、乾燥トウモロコシを投入。

トウモロコシ全体にバターが回るように木べらでまぜて、その後ふたをします。

ときどき鍋をまわしたりゆすったりしながら火にかけること数分、パン!プ!ポン!と音がしだして、あっという間に鍋一杯のポップコーンができました!!

ポップコーンを使ったことのない子どもさんも「何この音!?」と興奮している様子でした。

出来上がったポップコーンの鍋に塩を降りかけ、味付けをします。

今回は塩味と、キャラメル味の二つの味付けをしました。

キャラメル作りはフライパンで行いますが、焦がさないようにくつくつと弱火で砂糖と水を煮ました。

それをポップコーンにかけます。塩で先に味つけをしていたので、結果、、

塩キャラメルポップコーンになっちゃいました!(あー、やっちゃった!)

でも、これ思いのほか大人気で、お母さんの分が足りなくなりそうな勢いで減ってしまいました。。

今回もみんな協力して美味しいおやつを作ることができました。

お母様方、お味がどうでしたか?塩がよく効いていましたか?♩

0 コメント

心地の良い時間と味。ヨガとおはぎ作り

5月も後半、少しずつ風が冷たくなり、冬に近づいていることががわかるメルボルンです。

ブログの更新が遅くなってすみません、、。更新頑張ります!

スペシャルゲストなおさん!

 

奈緒子先生のお友達、なおさんは横浜でYOGAの先生をされているそうで、今回は日本のゴールデンウィークを利用してメルボルンへ遊びに来ているそうで、お忙しい中、あおぞら食堂で出張ヨガ教室をして下さいました。


YOGAの時間にはお母さんたちにも残っていただいて、一緒に素敵な時間を共有することができました。正しい呼吸法、今の自分と見つめること、無理をしないこと、いろんな教えを頂きました。

きよこ先生と私も挑戦しますが、何回もプルプルぐらぐらしてました。身体の柔軟性がもっと必要ですね。

なおさんが、「自分のペースで自分の身体と向き合いましょう」「人との競争じゃないんだよ」と優しく諭してくれるYOGAは、身体と頭と心と、全身をリラックスさせてくれました♩

そのあとは、おはぎ作りに挑戦します。

餅米を炊いて、温かいうちにすり鉢を使って、お餅のような状態になるまで潰します。それと同時進行で、あんこを一口大の大きさに丸め、トレーに用意しておきます。やわらかくねばっこいお餅になってきたところで、丸めておはぎにします。

子どもたちは潰したお米が手に何度もひっついて、一つ作ったら手を洗い、もう一つ作るとまた洗い、大餅が流れてしまっていましたが、自分たちの力でしっかりおはぎを作ってくれました。

きな粉もふりかけて、おいしいおはぎの完成です。

出来上がりはこちら〜!

ヨガをした後は、何を食べてもとても美味しく感じますね。

なお先生、朝早くからご指導いただき本当にありがとうございました。

また機会があれば、是非お母さんお父さんもご参加くださいね。

0 コメント

野菜チップス♩

秋学期、2週目の日曜日は、

少ししんみりスタートでした。

というのも、奈緒子先生がみんなに読んでくれた絵本がとっても心揺さぶられるお話だったんです。

 

日本で少し前に話題になった絵本のようです、タイトルがこちら!

「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」

とっても優しかったお母さんが、突然鬼のようになりました。 どうして、ボクは独りでナスビを売らないといけないの??? 今から30年以上も昔・・・実際にあったお話だそうです。

奈緒子先生の読み聞かせにすっかり入り込み、ボクの母親の大きな愛情と自分の母が重なり、うるっときてしまいました。。

読んだ感想は人それぞれ、子どもたちの心にもきっと響いてくれたと思います。

(少し湿っぽいなってしまいました、すみません)

さて、今週の献立は・・

いろいろな野菜を使って、チップス作り♩

子どもたちにはおうちにある野菜を持ってきてもらいましたよ。かぼちゃ、人参、玉ねぎ、じゃがいもにさつまいも。種類の違う野菜を使いますが、今回はチップスにするので、同じ厚さになるようにこだわりました。

油で揚げるのと、オーブンで焼くのと2パターンです。

 

早速野菜を洗って、切る作業。

奈緒子先生からスライサーの安全な使い方の説明をうけ、それぞれに挑戦しますが、結構難しいですね。チーズなどは柔らかいのでスライスしやすいですが、今回は野菜。

薄〜くスライスするのがとっても大変でした。硬くてガタガタになりやすかったですが、子どもたちは根気よく黙々と作業に取り組んでくれました。

そんな中、上級生たちは包丁で薄く切ってくれていました。

中学生にもなると、本当に包丁使いがとっても上手で安心して見ていられますね。

これだけあったら十分と、たくさんスライスして薄切りにした野菜でしたが、揚げるとちっちゃく縮んでしまいました。

子どもたちも「ちっさい!」と驚いてましたが、それからすぐに「美味しい〜」と手が止まらない様子でした。

チップス作りは思いのほか時間がかかり大変でしたが、食べきるのは一瞬でした!

さすがあおぞら食堂の子どもたち!もりもり食べて、完食!

今週も美味しい野菜をありがとうございました♩

 

0 コメント

話題の「おにぎらず」に挑戦!

今週の献立は、「おにぎらず」です!

みなさん聞いた事ありましたか?

子どもたちの中には、「お母さんが前話してた」とお母さんたちの間でも、おうちでも話題に上がっていた様子ですね。(奈緒子先生も私も一度挑戦したかったんです。)

手順は、本当に簡単です。ラップの上にのりを乗せて、真ん中にご飯を平たく乗せ、さらに具材をのせて、のりの四隅を折って四角にするもの。これならご飯を握る必要がなくて手が汚れず、食べやすいですね。そして、何よりも握らないから「おにぎらず」というネーミングが面白い♪♪

今回は、子どもたちにおうちに余っている食材や昨晩の残り物など、いろいろ持ってきてもらいました。子どもたちの好物のシーチキンやおかか、味の染み込んだ肉じゃか、お母さん特製の鶏そぼろ、即席もやし炒め、自宅で取れたレタス、本当にたくさんの具材がそろいました。

おにぎらずに、何を入れようかな、と子どもたちはよりどりみどりの具材選びを楽しんでいる様子でした。 

最後はサランラップでぎゅーっと、包み込む作業。これが一番難しそうでしたが、ペアの友達と協力し合ったり、海苔を折り紙のように上手に折って包んだりしていました。具材やご飯の量が多すぎたり少なすぎると失敗しがちです。でも、1個目より2個目、2個目より3個目と回数をこなすごとに上手になっていきました。全て自分で作ることができた子がほとんどで、半分に切ったあとはうわ〜っとうなっていましたよ。

子どもたちに味は?と聞くと、「美味しいよ、持って帰る」とオリジナル「おにぎらず」に満足している様子でした。

忘れないうちにおうちでまた挑戦してもらって、自分で学校のお弁当作りが出来るといいですね〜。

今回もおうちからたくさんの具材を、どうもありがとうございました!

0 コメント

CERES探検 第二弾!

まだまだ暑いメルボルン。今回は野菜たっぷりのそうめん作りです。出欠確認後はいつも歌を歌って体操をします。

今月は「南の島のハメハメハ大王」を選びました♩キャッチーな歌詞に加え、とってもノリがいいので、子どもたちはすぐに覚えて歌えるようになりました。体操も新しいECO HOUSEに移動してからはますますダイナミックな動きを取り入れ、朝から頭シャキシャキです!

 

この週は、「トマトきゅうりそうめん」を作ります。

まずは材料の買い出しにリニューアルされたCERES Marketへ!

今まで野菜や果物が売られていたところに椅子とテーブルが設置され、よりいっそう解放された雰囲気になっていましたよ。レジ周りや商品も綺麗に置かれ、いろいろ買い物したくなりましたね〜。

(おやつにバナナチョコレートを買ったのはここだけの話。。)

その後は、cerec全体を見て回る、面白いもの探しに出かけました。CERESには環境を考えて作られたものがたくさん売られています。

変わった色の植物や花、野菜の苗が置かれていたり、美味しそうな果物もあったりして、思わずいろいろ触ってしまいました。。誰かさんはいろいろ試さずには居られない様子でしたね〜♩

食べ物だけではなく、日常生活で使う消耗品もここでは少し変わったものが置いてあります。普段から食べるものだけでなく、身につけるものも環境に優しいものを選びたいですね。

それから「トマトきゅうりそうめん」作りです。

麺を湯がいたり、野菜を切ったり、すべての行程を子どもたちが行いました。つるつる滑るミニトマトを丁寧に切ったり、きゅうりを同じ大きさに切ったり、低学年も子どもたちも作業の手際が本当に良くなってきましたよ。

最後に、そうめんにかけるおつゆは、きよこ先生特製のあごだしのめんつゆです。とっても出汁が効いてて美味しかったです♩ありがとうございます、そして

保護者のみなさん、いろいろな夏野菜の食材をありがとうございます。

0 コメント

バレンタインデースペシャル☆

お菓子作り名人こと、綾子先生がバレンタインデーということで特別に変わったチョコレートのケーキの作り方を指導してくれました。

子どもたちはもちろん甘いもの大好きなので、始める前から目をキラキラさせていました。(もちろん先生たちもです。)

まずは、スポンジケーキ作りです。材料は基本的なもののみ、余計なものは入れません。材料を計るのはお姉さんたちです。擦り切りいっぱい、目分量・・そういった言葉はこういう場でしか使わないかもしれないですね。普段使わないことばに出会っては、どういう意味か説明を加えています。

そして、電動の泡立て器の数が足りず、半分のグループは手動です。奈緒子先生とっても頑張ってます!

 

ケーキを焼いているあいだに、プレゼント用の入れ物を折り紙で作りました。切り抜きも高学年になるととっても丁寧で綺麗な模様ができていました。

それから焼きあがったふわふわのスポンジケーキ(事前に数枚用意して頂いてましたが..)を型抜きします。

バレンタインということで、ハート型です♡

みんな余らないように端の方から丁寧に型を抜いていきますが、なかなか難しそうでした。

型を抜いたケーキを湯煎したチョコレートを使って、コーティングします。これもなかなか難しそうでした。手早くするのが本当に難しかったようで、ケーキがぽろぽろと崩れ出したり、チョコレートが固まってきたり、、、ハプニング続出ですが、出来上がったケーキを見るとそれぞれの性格が出て面白いですね〜。ハート型のチョコレートケーキから進化させて、クローバーにしたり、動物にしたり、アイデアマンがいっぱいのあおぞら食堂です。

 

綾子さんのお料理はいつも子ども目線で楽しく取り組むことができ、大満足です。

今週も楽しい時間になりました。

0 コメント

初めての恵方巻き作り〜どっちを向いて食べるのかな?〜

今週も子どもたちは元気いっぱいにあおぞら食堂へやってきてくれました。

今学期から新しくCERES Environment parkの中のEco Houseという施設を使うことになりました。

アットホームな空間とキッチンも広い、本当に素敵なところです。

2月第1週目は節分の日にちなんで、恵方巻きを作りました。

たくさんの具材を使ったほうが縁起が良いということで、お母さんたちがおうちからいろいろな具材を持ってきて下さいました。

巻きすに海苔をしいて、酢飯を置きます。酢飯は奈緒子先生の手作りです。お手本をみながら、海苔にごはんを丁寧にのせていきますが、結構難しい作業ですね。。子どもたちはひっついてくるごはん粒に悪戦苦闘しながら、なんとか海苔いっぱいにご飯を敷くことができました。

人参やレタスなどの野菜の他、卵焼き、鶏そぼろ、アボカドなどなど、子どもたちはどれにしようかな、と迷いながら丁寧に並べます、上手に並べたあとは、いよいよ巻く作業です!

お姉さんたちは綺麗にならべた具材を崩れないように抑えながら、とっても慎重に巻いていました。

 

 

0 コメント

おわん作り〜陶芸教室〜

今週は今学期の目玉イベント、陶芸教室です!

メルボルンで陶芸家として活躍されている、ようこさんをゲストにお迎えして、あおぞら食堂で陶芸教室を開いて頂きました〜♩

日本の陶芸技術は世界でも評価されていますが、

ようこさんは日本で培ってきた技術をここメルボルンで、こちらの生徒さんに教えているそうです。

陶芸、と聞くと少し難しそうな気がしていましたが、

ろくろを使わないし、行程がとても簡単。

というのも、粘土遊びのような作業から作り始めたので、子どもたちもすーっと陶芸の世界に入っていきました。

 

まん丸のボールに両親指をつっこみ、それから少しずつ穴を広げていきます。

子どもたちはおしゃべりも忘れて、黙々と作業に取り組み、好きな器の形を作ります。側面や底が薄くなったり、ボコボコになったり、いろんな問題が出てきました。

「え〜、こんなはずじゃない〜。」「ヒビが入った、どうしよう。。」と、弱音も聞こえてきましたが、ようこさんからアドバイスをもらいながら、最後まで丁寧に作り上げることができました。


まん丸の粘土から始まり、力加減や指の使い方などで、全然違うものが出来上がりますね。

あっという間に、世界に一つの自分だけの器ができました〜!!

ようこさん、貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。


みんなで焼き上がりを楽しみにしております〜♩

0 コメント

春ごはんを持っておでかけ。

朝から暖かくなったこの日は、みんなでアスパラとにんじんを使った、春ごはん作りをしました。

にんじんは、冬学期にみんなで種まきをしておいたもので、嬉しいことにほとんどの種が芽を出し、大きく育ってくれています。

塩とゴマ油でシンプルに炒めただけですが、混ぜごはんにしておにぎりにしました。

天気も良いので、おにぎりを持って公園に行くことになりました。みんなで外で食べると、美味しさ二倍です。




0 コメント

春学期が始まりました〜♩

冬休みが明けて、春学期が始まりました〜♩


さっそく子どもたちには、休み中の思い出を振り返ってもらいました。

日本に行って小学校で過ごしたこと、家族と旅行に行ったこと、友達との思い出など、子どもたちは思い思いの素晴らしい休暇を過ごした様子でした。

絵日記って、書くもの楽しいですけど、読み手も楽しませてもらえるので、奈緒子先生も菜穂先生も楽しませてもらいました。


今学期は低学年の子どもたちには、日記の書き方に慣れて行ってもらいたいと思っています。

マスや行の使い方、「」の使い方など、基本的なところから言葉の選び方なども、音読などを通して身についていってくれると嬉しいです。まだまだ難しいけど、何度も練習することで身についてくれると嬉しいです。


それから今回は包丁の使い方をもう一度おさらいしました。

リンゴの皮むきは少し難しいので、リンゴの皮を使ってうさぎの耳作りをしました。

奈緒子先生のお手本を見ながら、最初は難しそうとつぶやいていた子どもたちでしたが、

いざ始めてみると、上手に形を切り抜くことができていました。

リンゴ一つとっても、可愛く切ってあげることでずいぶん美味しそうに見えますね。

今度はまた、違うフルーツの型抜きもチャレンジしましょう!

父の日のプレゼントは似顔絵!?

この週のあおぞら食堂は、父の日のプレゼント作りをしました。

お父さんたちにどんなものをあげると喜んでくれるか、いろいろ考えた後、今回はお父さんの顔クッキー作りに挑戦することにしました♩

まずは、どんな顔を作るかイメージを固めます。

お父さんの似顔絵を紙に書いて、髪や目の色など、パーツごとにどの色の生地を使うか計画しました。

今回は、普通の生地に加えて、ココアパウダーを入れた茶色の生地、抹茶パウダーを使った緑色の生地、それから全粒粉を使った少し黄金色の生地、合わせて四種類の生地を作りました。

パズルのように、顔のパーツを並べて形を整えます。細かな作業の上、根気がいるのでみんな黙々と取り組んでいました。お父さんに喜んでもらう一心で。

もちろん自分用にも作りました。自分の顔や猫の顔など、面白い色使いをした素敵なクッキーがたくさんオーブン用シートに並べられていきました。

生地をオーブンに入れて、焼き上がりを待つ間に、お父さんへのカード作りをしました。

厚紙を好きな形に切り抜いて、好きな色のマスキングテープを貼付けたり、色を塗ったりして思い思いのカードを作っていましたよ。

今日のおやつとして、風邪予防に焼きみかんを食べました。の時期は寒くて乾燥しているので風邪が流行っています。みかんを温めるのは子どもたちも度肝抜かれた様子で、おそるおそる熱々のみかんを食べていました。甘さの中に苦みが少しあって、少し懐かしい味わいがしましたよ。

 

前回に続き、やはりオーブンの調子があまりよくないようで、焼き上がりに少し時間がかかってしまいました、、。しかし、子どもたちはホクホクのクッキーに満足した様子で、パクパクっと食べてしまっていました。

おうちに帰って、お父さんにあげられたかな?喜んでくれていたら嬉しいですね♩

私も作ったクッキーを写真に取り、父に送りました。少し焦げてしまった父の顔をみて、こんなに黒いか?と冷静に突っ込まれてしまいました。。

次回は,今学期の最終日です、鍋パーティーの予定です♩

0 コメント

★お誕生日おめでとう!★

今週を最後に日本に一時帰国する子どもたちがいる為、急遽お誕生日会をすることになりました!

そこで今回は誕生日ケーキ作りに挑戦しましたよ。

スポンジケーキを作ることから始まったのですが、、泡立てが足りなかったり、卵や砂糖を入れるタイミングがまずかったり、もしくわオーブンの火が弱かったのかして、残念ながら膨らんでくれませんでした。

子どもたちは、膨らめ〜〜っと念力をこめて、オーブンをにらんでいましたが、そのかいもたく液体のままオーブンに1時間近く座ってました。がーん、、。

それでも、オーブンの中で膨らんでいかない生地をどうにかできないかと、、、考えたのち、フライパンを使って、パンケーキに変身させることにしました。パンケーキ作りならみんなの得意分野です!男の子たちがフライパンを使ってどんどん作ってくれました。

ホイップクリーム作りでは、生クリームに豆腐と蜂蜜を使い、ヘルシーで美味しいクリームに仕上げました。フルーツも皮を落とし、綺麗に切ってくれました。

できたてホカホカのパンケーキにどんどん盛りつけをし、ご覧の通りとっても美味しそうなパンケーキタワーになりました♩

みんなとっても上手に盛りつけが出来て関心しました☆ハイセンスですね♩


思った形とは少し違ったバースデーケーキになりましたが、みんなの協力で最後まで作りあげることができました。(内心ほっとしました。。が、次回からはもう少し下準備に力を入れたいと思います。)

お母さんたちにも召し上げって頂いて、みんなでお友だち誕生日をお祝いすることができました。

今学期のお友だち、お誕生日おめでとうございます♩

幸せのお守りーゴッドアイを作ろうー

ずいぶん温かくなってきたメルボルンで、今日も楽しくあおぞら食堂オープンです!

出欠をとって、体操をしてから百人一首の詩を詠みました。聞き慣れない言葉だったり、漢字が使われているので声に出して詠むのは難しいですが、みんな上手にリズムよく詠めるようになってきました。

暗記も少しずつ挑戦中ですよ。

それから今回もクラフトをしました。

メキシコ、インディアンたちに古くから伝わるゴッドアイ、というお守り作りに挑戦しました。

おめでたい事があった時に贈る縁起の良い贈り物なのだそうです。日本でもお母さんが子どもの無事を祈って子どもにお守りを持たせるように、インディアンのお母さんも子どもが生まれると子どもにゴッドアイを作ってあげるそうですよ。


前期のフルーツスティック作りで使った竹の棒を土台に、いろんな色の毛糸や刺繍糸を使いました。

この棒に毛糸をぐるぐる、と巻き付ける作業はとっても難易度高めですが、みんな本当に集中して取り組んでいました。かなり根気のいる作業でひたすらぐるぐると巻き付けていきます。


子どもたちはゴッドアイ作りが相当楽しかったようで、二、三個作りたい、まだまだ作りた〜い!とかなりハマってしまった様子でした。(おうちでみんな作ってみたのかな?)

私も作りかけのゴッドアイを持ち帰って、家でせっせと無心で作ってしまいました。

自分たちで作ると特別感があって、本当に楽しいですね。


時間はだいぶおしていましたが、お料理もしっかりしてもらいました!

今回はかぼちゃのスープ作りです。

たくさんカボチャを持って来て頂いて、ありがとうございました。

カボチャを切るのって本当に難しいし少し怖いですよね、、大人でも大変な作業です。

お姉さんお兄さんにカボチャを切ってもらいました。

大きなお鍋で玉ねぎを最初に炒めて、カボチャを入れます。お水を入れてスープストックの変わりのwinter roast veg salt というスパイスとお塩のミックスを使って、味わい深いスープを作りました。

スープにフランスパンをちょっと浸けて食べると、本当に美味しかったです。

まだまだ寒い外での授業なので、とっても温まりました。

 

次週は、今学期誕生日を迎える子どもたちの誕生日会をします。

普段通りの授業をした後、みんなでケーキを作ってお祝いをしますよ、持ち物いろいろとたくさんありますが、どうぞよろしくお願いします。

0 コメント

いろんな生き物が出来ました♩

この日は内容盛りだくさんで、朝からとっても忙しかったですよ〜!


まずは朝一番に外へ出て、畑仕事をしました。

秋学期の後半にポットに野菜の種を植えましたが、今回はそれを畑に植え替えます。

ほとんどのポットが寒さに負けることなく、しっかり芽を出して葉っぱも大きくなっていました!

畑はしばらく放っておいたので、また雑草だらけで土も硬くなってしまっていましたが、今回も子どもたちはがんばって草抜きとくわで土おこしをしてくれました。

結構大変な作業ですけど、みんなで取り組んだのですぐに終わりました♩

美味しいお野菜が出来ますように〜♩水やりこれから庭係りさん、よろしくお願いします!

そして、今週のメインイベント、

シドニーからお越しのアーティスト、かなさんをスペシャルゲストとしてお招きして、

特別学習「生き物つくり」をしました♩

生き物と言っても、縫い物で作るんですよ。子どもたちには針、いらなくなった布、綿など持ってきてもらいました。お母様方いつもありがとうございます。

まずは、布を好きな形に切って、縫い合わせます。そこに綿を入れて、そのあとアクリル絵の具で色を付けたり、刺繍を施したりします。

 

ポイントは、綿を詰めたあと、命をいれてあげること。生き物なのです。

今回はリンゴの種、ビーズなど、子どもたちが気に行ったものを一つだけ入れました。


かなさんの作った生き物たちは、今にも動きだしそうな形でとっても面白いものでしたよ。

子どもたちはかなさんの話を良く聞いて自分らしい生き物作りに挑戦していきます。

どんどん創造力をフル回転させながら夢中で縫い物をする姿は普段見せない表情だったりするので、子どもたちの真剣度が伺えました。みんな細かい作業が大得意ですね、低学年の子たちも周りの先生たちに手伝ってもらいながらもこだわりを感じさせるとっても素敵な作品を作っていましたよ。

色着けも刺繍も難しかったと思いますが、みんな素敵な生き物、を作ることができました。


またみんなで縫い物や編み物ができるといいですね♩

私も子どもに混じっておもいっきり生き物作りに没頭してしまいました・・。(あ〜楽しかった♩)

かなさん、今回は素敵な授業をして下さり、本当にありがとうございました★

また機会があればよろしくお願いします〜♩


ではみなさんまた来週の日曜日に。


0 コメント

冬学期がスタートしました!

それぞれのホリデーを終え、子どもたちに久しぶりに会うことができました。

今学期はますます寒くなりそうですが、あおぞら教室は今学期も内容充実・楽しいこと盛りだくさんで冬の寒さにも負けず頑張りますよー!


今学期の予定として、

・高学年と低学年の2グループに分かれてのグループ学習

・スペシャルゲストによる制作活動

・百人一首

 

をテーマに授業を行います。

子どもたちにはこの食堂を通して、いろんなことに挑戦してもらえたらと思いますが、子どもたちの様子やニーズに合わせて、今学期も柔軟に対応していきます。

 

今週から早速、テーマ学習が始まりました。

高学年の子どもたちは、平和をテーマに今学期の学習を進めます。

「戦後70周年」ということで、子どもたちには自分が生まれる前の日本や他の国の様子を、

写真や話を通して、戦争について、平和について学びます。

 

低学年の子どもたちは、ひらがなとカタカナの練習を頑張ってもらいます。

知っているようで知らない物の名前、を題材に絵カードを使ってクイズやカルタをして楽しみました。

れいぞうこ、せんたくき、そうじき、いろいろ似ている名前も合って、間違えやすいですね。

しっかりにぎったおにぎりを焼きおにぎりにして、奈緒子先生とダニエルくん特製のみそ汁を頂きました。みんな手際よく作業をしてくれて、美味しいランチが出来上がりました♩

 

来週はシドニーからやってきたゲスト、かなさんをお迎えして、縫い物などの制作活動をします!

お楽しみに♩

お弁当を持ってピクニックに行こう!

日曜日は、あおぞら食堂始まって以来(!?)の絶好のピクニック日和になりました。

 

今学期最後のスペシャルイベント、お弁当作りピクニックです!

今回は全員が出席してくれました、ありがとうございます。(素晴らしい!)


朝食堂にやってくるなり、

「これ私のおべんとう箱!」

「おにぎりのふりかけだよ、これ大好きなの。」

子どもたちはお弁当に入れるそれぞれのお気に入りの具材を持ってきて、朝一番見せてくれました。

みんなお弁当作りへのこだわりがあるようで、お弁当箱を大事そうに持っていました。

 

出席をとって、ささっとなほ先生の朝一体操。

身体と頭とシャキッと起きたところで・・・先生もお母さんたちもお料理モード!

子どもたちも何作るの?何からするの?といつも以上に興味津々な様子でたくさん質問がありました。

 

手順はこうです。

まず3チームに分かれます。4人1組でおかずとおにぎりを作って回ります。

 

なおこ先生の机では、「ベーコン巻き」

なほ先生の机では、「枝豆の串刺しとおにぎり」

あやこ先生がいてくれるキッチンでは「炒り卵とブロッコリー」 を作ります。

ご覧の通り、キッチンはとっても大忙しでしたね、綾子さん。

子どもたちの楽しそうな声は、しっかり外まで聞こえてきましたよ。

ほっかほかの炒り卵、満足そうに見せてくれてました♩

 

枝豆の串刺しは、集中しないとつるんと飛んでいっちゃいます。アンディくんのこの眼差し!

にぎりは第1回の食堂で作ったので、みんな手際よく出来ました。綺麗な三角に握れるようになったし、なかにはまん丸ににぎってたくさん海苔をつけた爆弾おにぎりを作っているアイデアさんもいましたよ♩

ベーコン巻きも下ごしらえから丁寧にして、ベーコンの香ばしいにおいが庭じゅうに漂っていましたね〜。

 

段取りよく出来たのかどうか・・いろいろ課題はありますが、子どもたちは時間内に全ての行程を終わらせることができました。

主菜副菜、みんなバランスよく具材を詰めていたし、本当に上手に!丁寧に!作れました。 

お弁当作り大成功〜!!!!

 

お弁当を包んで身支度したら、公園に直行です!

お母さんたちもたくさんの荷物を丘の上まで運んで頂いてありがとうございました。しかもそれぞれの家庭からいろんなお料理を持ち寄って頂いて・・どれもこれも本当にとっっても美味しかったです!

 

今学期一回も休まずに登校できた子どもが4人いました!皆勤賞おめでとう☆

係りの仕事をいつも頑張ってくれたみんなのなかでも、えさ係りさんは毎回率先して働いてくれたので、奈緒子先生からちょっとしたプレゼントがありました♩


それから綾子大先生が、今学期お誕生日を迎えた3人の子どもたちのためにケーキを焼いてきてくれました!!!!素晴らしく美味しいチョコレートケーキと手づくりのクッキーのキャンドルです。可愛くて食べるのがもったいないくらいでした。子どもたちは遠くの遊具で遊んでいたにも関わらず、ケーキという言葉を聞くや否や、全速力で走って帰ってきてましたね。子どもも甘いものには目がないですね。

 

ご協力頂いた、お母さんお父さん、遠方から参加してくれた方々、そしてきよこ先生とエミリオくん、参加して頂いて本当にありがとうございました。

お世話になりました。

☆来学期は8月2日からスタートします☆

宿題にも入れさせて頂きましたが、子どもたちの作りたいものや、お母さんたちの食べたいもの、是非教えて下さいね。そしてどんどん挑戦してみましょう!

花壇に植えたハーブや野菜たちもすくすく育って、料理に使えるといいですが・・しっかり来学期もお世話していきます。


今後もあおぞら食堂は、日本語環境のもと、いろんな食材を使って、おいしい料理を作っていきたいと思います。テーマ学習、いろんなアクティビティをたくさん取り入れ、子どもたちに日本の文化を知ってもらえたら、と思います。是非阿波おどりもしましょうね!(ちょっと宣伝)


では皆様、素敵なホリデーをお過ごし下さいね。

8月にまた会えるのを楽しみにしています!

0 コメント

じゃんじゃん、じゃがいもスープ!

今日のメニューは、詩"雨ニモマケズ"朗読鑑賞会&じゃがいものスープ作りです。


授業の始めに、野菜の観察日記を付けました。

先月みんなで植えた、キャベツと人参の種ですが・・

芽が出ました!やったー!!

種さんたち、寒いのに頑張って芽を出してくれて、ありがと。こちらもほっとしました。

 

始めに、宿題に出ていた詩の発表会をしました。

発表者以外の人は、他の人の詩を聞いて評価をしてあげます。

みんな緊張している様子でしたけど、大きな声で元気よく読んでくれました。

最高点を得た組は、落ち着いてきて、息があっていて、心地の良いスピードで朗読ができていました。

 

いつも思うんですが・・詩を朗読するのって、難しいですよね。

(間の撮り方とか抑揚の付け方とか・・)奥が深いというかなんというか・・。

以前小学校の先生から、詩の朗読に関して以下のアドバイスをもらいましたので紹介します。

 

まとまりを十分に意識して、正しい音を出す。

・速度とリズムを変える。

・読んでいる姿勢や表情に気をつける。

 

などなどです。(子どもちゃんたちにはちょっと難しいですね!)

詩を読むこと=表現することなので、いろんな形があって良いと思っています。お互いの詩の朗読を聞き合って、子どもたちは何か感じとってくれればありがたいですね。

それでは今日のメニュー、「じゃがいものスープ」作りに入ります^^

材料は、じゃがいも・玉ねぎ・ローリエ・豆乳・塩・こしょうです(シンプル)。

まずは、じゃがいもを洗って皮を向きます。

みんな真剣な様子で、ごつごつとしたじゃがいもと格闘していました。その後は、玉ねぎのスライスです。涙が出ると分かっていても、目が痛いーと我慢して玉ねぎの皮を向いてくれていましたよ。

(青空食堂にくるみんなは、本当に頑張り屋さんです。)

鍋にココナッツオイル、玉ねぎ・じゃがいもを入れてよく炒めます。火が通ったらお湯・ローリエを投入。しばらく煮込みます。

今回は、料理の手順を4コマ漫画にまとめました。

みんなコックさんや野菜の絵を、とっても上手に書いていましたよ。

そして、じゃがいものスープをグツグツと煮込んでいる間に、奈緒子先生による、"はらぺこあおむし"のエプロンシアター!☆☆☆

ポケットから何がでるかな、どんな展開かな!?とワクワクしながら先生のお話に入り込んでいました。


鍋からゆげがひっきりなしに出て来たところで、野菜が柔らかくなったことを確認!

ジャガイモを潰し、豆乳を入れてよく混ぜます。

それから塩こしょうで味を整えます。豆乳の優しい味わいとこしょうのピリっときいたコショウのおかげで、とっても美味しいじゃんじゃんジャガイモスープができました!



来週21日は、今学期最後の週になります。(来学期は8月頭からの予定です)

これまでみんなで取り組んだ、お菓子作りやランチ作りを通して、料理をする上での様々なスキルを身につけることができました。

みんなで協力・相談し合って、毎回いろいろな料理をしてきたことで、いろんな成長がありました。

周りのみんなや、お母さん・先生たちが美味しいね、上手に出来たね、と自分たちの料理を褒めてもらったり、誰かのために作る楽しさを知って、少しずつ自信がついてきた頃だと思います。

お弁当作りは大変かもしれませんが、子どもたち特製のお弁当が出来ることを楽しみにしています。

0 コメント

どんなお弁当にしようかな?

青空食堂では、まず朝の活動として、

挨拶、出席取り、詩の朗読と体操があります。

食堂が始まって、数ヶ月、みんなスムーズに活動できるようになっています。


今月の詩は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」です。

古い詩ではありますが、いつ読んでも前向きになれる、素敵な詩ですよね。

読めない漢字ももちろんありますが、みんな先生の朗読をよ〜く聞きながら詩によみがなを振っていました。来週までにおうちでしっかり練習してください^^


今日はお弁当についての調べ学習。

今週から、今学期の最大イベント、お弁当作りの計画を始めました。

そもそも、お弁当ってどんなもの?

おにぎりが入っていたり、たまご焼きやたこさんウィンナーとか入っていたりするね・・・。

唐揚げとか入っていると嬉しいよね・・。


まずはお弁当についていろいろ研究してみることにしました。

学期の最終日、21日にお弁当を作ってピクニックに行きますよ〜!(お天道さまよろしく!)


まずはお弁当の中に何が入っているのか、

どんな色が使われているのか、写真を見ながらバディーで調べます。

みんなに発表してもうらうと、ほとんどのお弁当が、二品以上のおかずが入っていて、6色以上使われている、ということが分かりました。

みんなの好きなものでいっぱいになった弁当箱はとっても素敵で美味しいだろうだけど、見た目も栄養のバランスも取れているお弁当がやっぱり食べたいですよね。茶目っ気があれば尚よろしい!

その後は、今日のメニュー「ごはんおせんべい」です!

今回もお菓子名人綾子さんにご指導頂きなから、パリパリのおせんべい作りに挑戦しました。

まずは、ご飯をつぶす作業からです。めん棒を使って、お米がべちょべちょになるまでどんど潰しますが、この作業が予想外に大変でした・・。

潰れない!水をあげてもなかなか潰れない!オーストラリアのお米強し!です。

それでも、子どもたちは(お母さんたちも)潰れないお米と格闘しながら、根気づよく潰し続けてくれました。7割潰れたあたりで、青のりを投入。その後、潰したお米を大さじ手に取り、形を整えて潰します。綾子先生のお手本を見ていると丸めるのも、ゴマを付けるのも、わりと簡単そうでしたが、

いざ自分がやってみると・・・手がべっとべと。

米だけならまだしも、ゴマの扱いにも悪戦苦闘。手がモンスター状態。

ごま油を敷いたトレーに薄くのばしたおせんべいを並べて、ハケで味をつけてあげます。(今回はさとう醤油です。)そのまま、オーブンに入れて表面がこんがりきつね色になるまで焼きます。

お味は・・醤油とゴマがきいてて美味しい!!

パリッパリとまではいきませんでしたが、ゴマの香ばしさと焼きたてのおせんべいはこの季節にぴったりです。みんなもう一枚、もう一枚、とたくさん食べていました。

綾子さん、いつも美味しい簡単アイデア料理、ありがとうございます。


美味しいものを食べようと思うと、一苦労いりますね。

自分で作ってみて初めて、頂くことに感謝できます、そういうことも子どもたちは体感してくれていると思います。


焼き上がるまでの間は外では、お弁当作りの計画をしました。主食・主菜・副菜、いろんな難しい言葉を習いましたが、絵をみながらそれぞれの比率まで考えることができましたよ。

主食:主菜:副菜=3:1:1。(英語では何て言うんでしょうか・・。。)

どんなおかずを入れたいか、どんな色合いにしたいか、子どもたちそれぞれで献立を考えました。

副菜の中でも、揚げ物のアイデアが多かったですね、中にはおにぎりの形や卵の焼き方までこだわっている子もいました。

夢いっぱいのみんなの手作り弁当箱、楽しみです!

来週はお芋のスープです。


0 コメント

あのチョコレートケーキの作り方が判明!

あおぞら食堂のご意見番、お母さん先生である、あやこさんのスペシャルチョコレートケーキは、とっても美味しくって、何かイベントがあるごとに作って頂いて、こどもたちの大好物になっています。

そこで、この週はそのチョコレートケーキの作り方に迫りました。 

分量は綾子さんにもう測ってきてもらっていたので、こどもたちはチョコレートを湯煎で溶かして、材料を混ぜ合わせる程度でした。材料はシンプルですし、すぐできちゃうかな、と思ったのですが、メレンゲを泡立てたり、チョコレートをゆっくり溶かしたり、何かと手の込んだチョコレートケーキで、こどもたちも綾子さんの手ほどきを受けながら、丁寧に作っていきました。

夏休みの宿題は、日記や俳句作りです。練習にそれぞれ一句、歌ってみました。夏休みが楽しみな様子がとっても伝わってくる句がたくさんできました。

怪我なく楽しい夏休みをお過ごしください♪良いお年を。

0 コメント